引越しのマナー

引越しのマナー

引越しする際のマナーは現住居近所への配慮新住居近所への配慮が必要です。少なからず、引越し作業ではどちらも迷惑がかかることは否定できません。

運搬時の騒音もさることながら、通行の妨げになる可能性もあります。今後の生活も考えて近所へのご挨拶は必要です。挨拶しておいたほうがお互い気分がよいです。

今までお世話になった近所へのごあいさつだけでなく、今後の新生活の近所になる新居周りのご挨拶も大事になってきます。挨拶をすることで運搬に邪魔になるようなものを移動してくれるなど、作業効率を上げることにつながるかもしれません。ぜひ実行してみるべきです。

次に、引越し業者へのチップです。もちろん引越し代金にスタッフへの給料が含まれているため必ず渡さなければならないものではありませんが、多くの人は熱心な作業に漢化され渡しているみたいです。

引越し業者のスタッフも人間です。チップを渡さなくても丁寧なサービスをしてくれると思いますが、やはり、頂いた気持ちが含まれればさらに丁寧なサービスを心掛けてくれるというものです。そして少しやらしい話になりますが、作業が終わった後に渡す人がよくいますが、できることなら早めに渡すほうがよりベストだと思います。

渡す値段は作業内容にもよると思いますが、少なくても一人1000円程度は考えたいものです。もちろん一人暮らし程度でもその分、スタッフの人数は減りますので同じと考えてもよいと思います。ただ、単身の引越しで軽作業・短時間で終了した場合は缶ジュース程度でも問題なくお互い気持のよい作業ができるとおもいます。

もちろん決まりではなく気持ちの問題です。ご自身の判断で一向に構わないと思います。

引越し業者に迷惑かけない

引越し業者に依頼する際、利用者として注意したい点をご紹介します。ここでは実際の引越し業者スタッフのご意見を聞き、年に何度かはある迷惑なお客の行動を伺い掲載しております。下記に該当するような最悪の客にならないように心がけましょう。


不在

これは本当に最低です。引越し業者もスケジュールに負われています。引越し業者も大変この不在に苦労されることが多いようです。これでは引越し不可能でキャンセル料を請求されても文句言えません。

ただ悪質な場合でなくても荷物の搬出が終わった後、新居に搬入する際に先にトラックが到着して、待たせるというケースは多いみたいです。搬入時間の確認はしっかりしておきましょう。

荷造りが終わっていない

小物類の段ボール詰めが終わっていなく、作業が開始できないという最悪きわまりないお客もたまにいるそうです。これでは引越しスケジュールが予定と狂ってしまいます。できないようでしたら最初からすこし高めの料金になってしまいますがすべてお任せのプラン(荷造りもプラス)されたコースで契約しましょう。

荷物の量が予定と違う

見積もり時に言わなかった荷物が山ほどある場合、道具や、トラックの積載が違ってくる可能性もあります。引越し業者は引越しするためのデータを見てスケジュールを組んでいます。このデータの中には、荷物の量もしっかり記載されています。明らかに荷物の量が違えば、考えていた時間よりも大幅にかかることになり、大変迷惑ですし、料金だって見積もりと大きく違ってくる可能性があります。できるかぎり実質の量をきちんと報告しましょう。


引越し価格が半額に?無料利用するだけで安くなるズバット引越し比較