それでも自分で作業する

それでも自分で作業する


引越し業者に依頼せず、自分で作業するという選択肢もあります。もちろんメリットは引っ越し代金の節約です。しかし、決して安い代金ではないのですがそれでも引越し業者に依頼する価値は高いと思っております。力に自信があったとしても、人員をある程度確保できたとしてもです。経験の違いで大きく作業効率が変わってくるからです。

それでも自分で作業するという人へのアドバイスです。小さく軽いものから運送車に乗せます。そして重いものが先に出るようにします。何度も往復して運ぶ場合は重いものを先に運搬します。それは、

大きく重いものから引っ越し先に入れる

ほうが作業しやすいからです。引っ越し先での作業を考えながら運び出します。

また、小物は段ボールに入れることが多いと思いますが、段ボールに中身の情報、引越し先で運び入れる部屋などを記載します。数が多くなれば、中身の確認に時間を取られます。段ボールの外側にできるだけ情報を記載することで効率を上げることができます。もちろん引越し業者もやっています。

割れやすいものが入っていれば注意を促す印を記載、片面だけ割れるものは片面だけ割れやすいという印を割れやすい場所に記載することで誰が運搬しようが、注意して運ぶことができます。

これだけのことをするだけで格段に作業効率は上がると思います。ただ、荷物を運送するのは素人でもそこまで時間はかからないと思いますが、問題は運び入れた先での作業です。

ここに時間がかかる

ことも考慮して依頼するか、それでも自分で作業するかを判断すべきです。細かい作業も含め4、5日かかるような場合、必ずしも自分でやったほうが良いのかは疑問です。時間的、労働量を考えて選択してみてください。

自分で作業するのが本当に安いかをよく考える


業者に依頼せず、自分で作業する理由はただ一つ、安いからという理由だと思います。当然、作業量、その他経費を合わせても安い場合は確かに決して安くはない業者に依頼するのはもったいないと思います。しかし、管理人は友人の引越しを手伝った時のケースは決して得だとは思いませんでした。それは

トータルで結構経費がかかった

ということです。

単身ではなく、家族での引越しでしたので、さまざまな大きな荷物があり、レンタカーでトラックを借りました。人員は3人です。往復は2回です。早朝からの作業でした。レンタカー代は2日で1万5000円程度かかりました。もちろんガソリン代は実費です。当然と私が言うのもなんですが食事代なども手伝ってくれたのなら出したいものではないでしょうか?それだけでも決して少なくない代金がかかります。細かいところからいえば段ボールも経費の一つです。

おそらく総額は3万円以上はかかっていると思います。家族での引越しとは言え、そこまでの大規模な引越しではなかったため私の一番身近な引越し会社での見積もりは約6万円です。確かに値段だけなら3万円浮いていることになります。

しかし、大の大人が3人で朝から晩まで一日がかりで旧住居から新居に荷物を移していました。一応引越し業者とのコネがあったので大きなテレビやタンス、冷蔵庫などを梱包する道具などは借りたものの、素人引越しではなかなか壁にまで保護シートまで用意できず、搬入の際、少し

真新しい壁に傷をつけてしまいました

もしこれを直すとすれば相当な出費です。そして荷物を搬入・搬出すれば私たちの出番は終わりです。その後、1週間ほど時間をかけて完璧に終了させたと聞きました。さまざまな要因を考えれば本当に自分たちでやったほうが得だったのかを疑問に思いました

もちろんこのケースは一例です。さまざまな要因を考えても自分たちで行うほうが得の場合もあるとおもいます。ただ本当に得だと感じない限りは私はこれ以降、引越し業者に依頼することを勧めています。自分の引越しをよく考えて得だという場合は自分で、それ以外なら素直に業者に依頼することをお勧めします。

少ない荷物だから自分でやる?本当に得なのか?


少ない荷物だから自分でやると判断する人が多いと思います。実際に私の周り荷物が少ないから引越し業者には頼まないと言っている人を何度か聞いたことがあります。引越しって高いイメージがありますからね!ただ、残念ですが少ないから自分でやるという選択肢

必ずしも正しいとは限りません

それを理解した上で自分でやるのなら全く問題ないのですが知らないで判断するのなら知っておいてほしいことがあります。

「荷物が少なければ引越し料金も安い!」

このことを忘れていませんか?単身の引越しで私はソファーとパソコン、パソコンデスク、テレビだけを手伝ったことがあります。そしてご飯をおごってもらいました。女性だったので一人では無理な引越しです。軽自動車ですしソファーもありましたので自家用車で運ぶのは無理です。レンタカーを借りました。

【ハイエースバンのレンタカー料金】


今回は近場の移動だったのでレンタカー代が6時間で10500円かかっています。近場とはいえガソリン代は実費です。さらに私ともう一人手伝ったのですが晩御飯をお礼におごってもらいました。それだけ5000円以上はしています。はっきり言って値段だけを考えれば業者に依頼したほうが安かったです。調べてみると15000円もしない値段で業者に依頼出来たからです。

ただ、引越し業者にお金を払うぐらいならみんなでご飯が食べたいとか他の理由があるのなら問題ありません。引越しをみんなで楽しみながらやりたいというのならそれでも構わないと思います。しかし、値段を安く抑えるためという理由ならこの判断は間違っていたという事になります。コストの事を考えればしっかりと見積もりをだしてから判断したほうが良いと思います。

引越し作業をどの程度自分でやるか


今の引越し業者にはたくさんのプランがあり、作業量、スタッフの人数、トラックの台数、サイズなど細かく分かれています。つまり、自分でやれることを自分でやれば引越し料金が安くなる場合もあります。自分でどこまでやるかをしっかりと決めておきましょう。小物は自分たちで、大物は業者に任せるのか?すべて業者に任せるのか?荷造り、荷解きはどちらがやるか?などを決める必要があります。

節約したプランで自分たちがしっかり働くか、すべておまかせできるプランで労力を避けるかの違いで引越し料金は大きく変わります。無理にすべて自分で行うことは決して良いことだとは思えませんが、やれることは自分でやることが引越し料金の節約に大きくかかわってきますのでしっかり検討しておきましょう。

補償できないものは自分で!

引越し業者に依頼する大きなメリットの一つは補償がしっかりしているという点です。素人で引越しをしようものなら何かしら破損させてしまう可能性は極めて高いと思います。それもそのはず、運ぶ時に気を付けなければならない項目を知識として知っていないからです。つまり運ぶ技術をもっていない為です。そればかりか、個人では

十分な梱包資材などを用意できないからです

そこで破損させては、せっかく引越し代金を安く済ませようと思っていたのに余計な金額がかかり下手をすれば引越し代金以上の損害が発生する可能性だって十分あり得ます。業者に依頼すれば引越し作業のプロですし梱包資材もしっかり用意できるので破損させる可能性は少ないですが作業員が人間である以上、絶対に無いわけではありません。

そんな時でも補償があるのでとりあえず素人だけでやるときに比べればかなり安心して引越しをさせることが出来ます。保険も加入ありますし財力もありますので大抵の物は損害賠償はしてくれます。

しかし、そんな安心な引越しですが

取り返しのつかないものがあります

たとえばパソコンのデータ自分で撮ったビデオテープやDVDの中身は補償できませんし、大事なアルバム、写真はどんなにお金を積んでも取り戻すことは出来ません。こういったものは業者任せにせず、バックアップを取ったり自分で大切に運んだほうが良いと思います。業者はすべての荷物を大切に運搬しますが、あなた自身ほど思い出の物を特別視できないので、そういったものはあなたが大切に運んだほうが良いのです。


引越し価格が半額に?無料利用するだけで安くなるズバット引越し比較