オプションやサービスについて

オプションやサービスについて


引越しの基本プランに含まれない様々なサービスが各社用意されています。有料になるものや、サービスとして提供してくれるものなど引越し業者によってかなり異なります。引越し依頼をするまえにしっかり確認しておかなければなりません。

引越し料金は最安値だったけど、他のオプションが高くつき結果的にはかなり割高になってしまったという事もあり得ます。引越しは物や家具を家から家へ移すだけではありません。移動したものが機能するようにならなければ意味が無いのです。

引越し料金にも直接関係する事ですので事前確認は必須です。オプションを含めトータルでいくらかかるのか、どこまで引越し業者に依頼できるのか?という重要な内容が含まれているのが各社が提供しているオプションやサービスなのです。

一般的に荷物、家具の運搬は引越しの基礎プランですが、引越しに関わる様々な手間などそれ以外の業務はすべてオプションになります。提供している業者、提供してない業者もあるのでその点もしっかり確認しておきましょう

エアコンの取外し、取付け


エアコンは取外し、取付けが簡単に自分で出来ない数少ない家電ですが引越し時の悩みの種になることが多いと思いますが引越し業者の中にはエアコンを引越し時に

取外し、取付けしてもらえる所も多いです

エアコンの他にもウォシュレット・BS・食洗機や AV シアター、インターネットなど引越しには配線、回線工事が必要になってくる家電類があるとおもいます。多くは別途料金だと思いますので引越し業者に問い合わせしてみてください。

別で新たに依頼するよりも安くなるケースがありますので、電気工事業者と引越し業者の両方に見積もりを出してもらう良いと思います。引越し業者は引越しのプロですが、専門知識をもっている人が担当してくれるので電気工事を任せても安心です。

【エアコン取り外し業者の比較】
引越しでエアコンも引っ越しする場合は、エアコンを取り外すことになります。これは業者でなければ、できるものではありません。そこで業者を探すのですが、エアコンの取り外しは業者でも難しい作業になります。特に、エアコンガスの充てん等に注意を要します。ですから、単に値段の安い業者に頼んでも、失敗することがあるのです。

見積もりである程度安い業者をいくつか絞ったら、会社の概要や実績もチェックして決めるべきでしょう。大手業者にする必要もありませんが、個人経営で請け負っている便利屋さんのようなところはリスクが高くなります。見積もりはネットでもしてくれる業者も増えています。ネットはいつでも項目を入力するだけで対応してくれますので便利です。

全国で展開している業者で、安心できる業者に以下の業者があります。どちらも1年間の保証が付いていて、値段も安く実績も十分あり安心できます。

エアコンサポートセンター
取り外し1台6,000円と、業界でトップクラスの安値です。東証1部に上場もしているグループ企業が運営している家庭用エアコンを専門にしている業者ですので、安心でもあります。対応も速く仕事も丁寧で正確と業界でも好評になっています。
エアコン取り外し王
取り外し1台3,800円と、業界最安値を誇っています。もしも、エアコンを廃棄処分するのであれば無料で引き取ってくれます。エアコンの取り付けであれば、エアコン取り付け王が請け負っています。



家電の配線工事のサービス


電化製品の配線、接続など機械音痴な人にとっては、特にしっかり確認しておきたいサービスです。中には工事が必要になってくる業者でなければ難しいものもあります。下手に接続してしまうと故障、破損の原因にもなり、最低限の知識を持って取り扱わないといけません。業者に任せるべきもの、自分で接続できるものをしっかりと判断して。必要あれば業者に依頼をしましょう

引越し時に依頼すれば、出張費といったものも削減され割安になる事もあります。個別で電気工事業者に依頼するよりも安かったりもするので、家電の配線工事がオプションとして提供されている場合には

個別業者との価格を見比べて判断

していきましょう。引越し業者が直接提供しているものや、引越し業者が提携している業者に依頼するケースなど料金もバラバラなので必要な場合には見積もり時に相談しましょう。

・洗濯機、ウォシュレット、食洗機など水道と繋ぐ作業
・テレビアンテナ、BS、インターネット、AVシアターなど工事が必要になる作業
・テレビ接続、パソコン接続など機械音痴には難しい作業

ピアノの搬送について


ピアノが家庭にある場合、引越しの際には特別な運搬が必要になってきます。電子ピアノ程度なら一般的な家具とそんなに変わらずそこまで問題ないのですが、一般的なアップライトピアノなら250kg程度グランドピアノだった場合、500kg近くあるものもありますので個人レベルでは到底運び出すのはもちろん、輸送は困難です。



それは引越し業者も同じで一般的な家具とは別のオプション料金になることが多いです。エレベーターにも入らない場合にはクレーンを使うなど

特殊な車両、特殊な技術が必要になるケースも多いです

素人では到底できないピアノの引越しは引越し業者にとっても特殊なものなので別途料金が設定されてるのがほとんどです。。中には旋律も調整までしてもらえる引越し業者もあるので是非、問い合わせてみてください。


【ピアノの引越し業者】
ピアノの引越しには、専門知識のある引越し業者かピアノの運搬業者に依頼することになります。と言うのも、ピアノはとても繊細な物だからです。大きな体の中に小さな精密部品がぎっしり仕込まれていることのよって、ピアノらしい音色が出せているのです。高価な物になればなるほど、微々たる衝撃があっても音色が壊れてしまうのです。

素人には聞き分けられないくらいのことであっても、それは大きな損害を与えることになってしまうのです。値段で決めるような対象にはなりにくい代物といえます。

ピアノの引越しには、以下の2パターンがあります。
ピアノだけの引越し
ピアノだけを引越しするのであれば、 ピアノ運搬業者に依頼します。もしも引越し業者に依頼しても、専門業者に運搬をしてもらうことになるのです。それだけピアノは、揺れや衝撃に弱いのです。

ただし、電子ピアノでしたらそれほどではありません。むしろ電気機器と認識しても良いくらいです。料金的には、一般の引越し業者が安くしてくれますので、見積もりを取って安い業者を選べば良いのです。

ピアノが荷物の中にある引越し
ピアノが繊細な造りになっていることから、ピアノだけを専門業者に依頼したいところです。ですが何も考えずに、引越し業者に依頼しても、引越し業者の方でピアノだけ専門業者に再発注しています。引越し業者も、安くて安全なピアノ専門業者が分かっています。結局、信頼できる引越し業者にまとめて依頼するのが、簡単でしょう。


ダック引越センターのピアノ搬送の様子です



骨董、美術品の輸送


高価な骨董品、彫刻、絵画、屏風、美術品、高級家具などは引越しとしての荷物として扱えません。引越し業者の契約している運送保険からも除外されており万が一破損した時に対応することが出来ないからです。基本的には自分で運ぶものになりますが、それを安全に運んでほしい場合にはオプションというよりも別プランで専門業者に依頼しなければならない場合が多いです。

引越しとは別に美術品を運ぶサービスを利用して専門業者にお任せしなければなりません。専用の梱包と温度、湿度管理、そして特別な保険に契約しセキュリティーを万全して輸送してくれます。美術品等がある場合には引越し業者にその旨を伝えて別途輸送して貰う必要があります。

・日本通運美術品輸送
・ヤマト美術品輸送サービス
・佐川急便美術品輸送

ハウスクリーニング


引越し作業後に新居、引越した後の旧居の簡単な清掃サービスを多くの大手引越し業者でオプションとして用意されています。時間の無い人には重宝されているサービスです。今まで住んでいた家、部屋

綺麗にして返さなければならない理由

があったり、新居を引越し後にきれいに、また今後、汚れないようにコーティングして貰ったりすることが出来ます。

引越し同様にプロの掃除はやはり素人とは異なり様々な技術や道具を使って綺麗にしてくれます。換気扇をはじめキッチンから浴室、トイレ、洗面所などの水回りの掃除は素人では限界がありますし、清掃のクオリティは完全に異なります。より綺麗にしてもらうためにもハウスクリーニングは助かるサービスです。

引越し作業後に簡単な掃除サービスを提供している引越し業者もあれば、徹底的にプロの清掃をしてくれるオプション、どれくらいまでやってもらうかによっても値段は様々ですが引越し業者のオプションとして依頼したほうが安く済む場合も少なくありません。ハウスクリーニング業者の見積もりと比べて利用していくと良いと思います。

変わったオプションサービス


各、引越し業者も他社との差別化の為に様々なオプションサービスが用意されております。中には珍しいオプションもあり一部の人には大変重宝されているサービスがあります。こんなものまで引越し業者がサービスしているの?というものまであります。全ての引越し業者が行っている訳ではありませんが必要性があるのなら、引越し業者を選ぶ際にそのオプションがあるかないかを確認しておきましょう。


【害虫駆除、防虫】
せっかくの新居にゴキブリ等の虫が出てきたらテンションはガタ落ちになると思います。実は害虫駆除、防虫をするのは引越し時が最大のチャンスです。家具を置くとどうしても完璧に駆除することが難しくなる為、タイミングは家具を置く前なのです。水回りやカーペットなど虫が生息しやすい場所に薬剤処理をしてもらうサービスです。

【女性スタッフのみ】
女性の一人暮らしの引越しなど、男性スタッフに見られたくない、触られたくないといった女性の不安に答える形で出来た作業スタッフがすべて女性というオプションです。一部、重い荷物の場合には運搬が困難な事もありますが、女性にとって安心できるサービスです。

【盗聴器調査】
引越し先に盗聴器、盗撮器が仕掛けられていないかを調査してくれるサービスです。物騒な事に手軽な金額で買えるようになったこれらの機器が前住人の関係で付けられてしまっている可能性も無くはありません。より安心して暮らせるために便利なサービスです。

【ペット輸送】
もちろん、引越しの一般的な荷物では無いので基本プランで運ぶことは出来ません。通常は飼い主が一緒に連れて行く必要がありますが、それが難しい場合には動物輸送のためのオプションを用意している引越し業者もあります。

【車両輸送】
持っている車も新居に運んでほしいという要望に応える形で生まれた自動車やバイクを輸送するオプションで特に長距離引越しの際に喜ばれるサービスです。慣れない道を走るリスクなどを考え検討してみるとよいと思います。スタッフによる輸送、積載車を利用しての輸送、自動車専用船などにより輸送してくれます。

【一時保管】
業者または提携のトランクルームに一時的jに荷物を保管して貰うサービスです。退去から入居まで少し間がある場合や、家のリフォームなど様々な場面で役立つサービスです。

【新聞申込み代行】
こんなサービスもしてるのかと思われるオプションの一つに新聞の申し込みを代行してくれるサービスがあります。

【地震対策】
備え付けた家具に地震対策として対策グッツを設置したりしてくれます。耐震対策のグッツの取り付けは、意外に大掛かりだったりもします。中途半端な取り付けでは役目を果たさない可能性もありしっかりと地震対策をしたい人は引越しを機に依頼してみるのも良いと思います。

【ベビーシッター】
引越し中に子供を預かってもらえるサービスで荷造り、荷解きなど引越し作業が子供がいるとはかどらなく、運搬時に子供が怪我する可能性も考える人には重宝されるサービスで実家など子供を預けることが困難な人は利用価値は高いと思います。

ハンガーケースの貸出、提供


普段着ているものはもちろん、当然、タンスやクローゼットの中にしまい込んでいる服も引越し時には移動させなければなりません。荷造でダンボールには入れられないスーツ、コートなどをシワにならないように運べるアイデアグッツのハンガーケースというものがあります。

ハンガーケースを無料で貸し出している引越し業者もあるので、是非利用してみましょう。個人ではなかなか持っている人は居ないと思いますが単純に運ぶのではなく綺麗に運ぶためには必要な資材です。



ダンボールの貸出、提供


引越しの時ほどダンボールが大量に必要で、すぐに用済みになる事もあまりないのではないでしょうか?荷造りに欠かせないダンボールですが、ダンボールにも種類があり柔らかくすぐ破れてしまう物もあれば固くて頑丈な物もあります。どうしても引越し時には後者の固くて頑丈な物が求められるので、なんでも使えるという訳ではありません。

無料でスーパーでもらえることもあるのですが、引越しに適したダンボールはなかなか見つけることができません。またホームセンターで購入も出来ますが必ずしも頑丈なダンボールというわけでもありません

多くの引越し業者でもダンボールは販売していますが、物は文句ないのですが総じて価格は高めです。恐らく荷造りをして、引越し先で中身をとったら用無しになるダンボールにお金をかけるのは無駄以外なにものでもありません

引越し業者に依頼するとダンボールを無償提供してくれるサービスがあります。これも引越し代金に含まれていると考えることもできますが、引越し代金にプラスして梱包資材の料金がかからないのでありがたいサービスです。

ダンボールの料金も数が増えれば馬鹿にならないのでそのサービスを含めた料金で引越し業者を選びましょう!



段ボールの入手方法


意外と盲点になってしまいがちですが段ボールも引越し時には大量に必要になることもあります。単身でも10箱、20箱、ファミリー引越しとなれば50箱、100箱になることも少なくありません。1つ200円と考えても100箱用意するためには2万円必要になってしまいます。引越し料金から考えれば馬鹿になりません。中には300円、400円の段ボールも珍しくありません。

段ボールの入手先も考える必要がでてきます。引越し料金に段ボールが限定でセットされている場合もありますが、これに収まりきらない場合、用意する必要があります。段ボールがこれだけ必要になるのは引越しとき以外はありません。おそらく引越しが終了すればただのゴミになると思われます。たった1回のために新品を用意する必要があるのかは疑問です。

中古で済むのならそちらを選択したほうが賢いかもしれません。ただ引越し業者の段ボールは質がよく、運搬途中で荷物がつぶれる可能性の低い、

硬い素材を採用

しています。段ボールの質はこだわったほうがよいかもしれません

別途料金で追加段ボールを引越し業者にお願いする方法もありますので、暇がない人は活用するのもよいかも知れませんが、自分で用意できるようであればそれに越したことはありません。段ボールの入手先は沢山あります。引越し業者、ホームセンター、梱包用品専門店、スーパーなどなど、お時間があるのでしたら比較して検討したほうが良いかと思われます。

【引越し用のダンボール】
引越しが決まったら、ダンボールを大量に入手しなければいけません。それではと近くのホームセンタ―に発注すれば、配達もしてくれるでしょう。ですが、他にも入手方法はあるのです。まず思いつくのは、ネットショッピングでしょう。メーカー直販の物もあり、送料も無料で格安に販売してくれていたりもします。わざわざ店頭に出かけなくてもすみますので、おすすめです。

引越しを依頼する引越し会社が、用意してくれることもあります。値段もサービスで安くしてくれますので、交渉次第でさらに値引きもしやすいです。場合によっては、無料で提供してくれるかもしれません。さらに引越し会社が使っている専用のダンボールですので、丈夫ですし収納整理に便利な構造になっていたりすることもあります。こうしてみると、ホームセンターでダンボールを購入するのは、不足が出た場合の駆け込み先くらいにしておいた方が良さそうです。

ただ、ここで新品のきれいなダンボールを購入したところで一度きりの使い捨てになります。何とももったいない気もします。そこでもっと経費を浮かしたい人は、中古のダンボールをもらう方法もあります。中古ですので、汚れも多少はあるでしょう。大きさも同じ物が整然と揃う訳でもありません。

近所の大きなショッピングセンター等に行ってみれば、不要のダンボールは大量にあるものです。わざわざ持ち帰って欲しいダンボールを積み上げていてくれて自由に持ち帰らせている店もあるくらいです。ですから尋ねてみたら、案外簡単にもらえるものです。店も廃棄物が減って助かるということなのです。おすすめは大型電気量販店です。割れ物にも強い発泡スチロールやプチプチももらえたりします。ダンボールも丈夫にできています。

もしも引越しシーズンに引越しするのであれば、ダンボールの需要も高くなっていますので、早めの準備もしておきましょう。もらえるダンボールなどは早い者勝ちになるのです。


引越し価格が半額に?無料利用するだけで安くなるズバット引越し比較